本文へスキップ

運転免許.infoは、運転免許取得に関するお役立ちサイトです。



経路の設計


1
走行経路を設計する場合、高速道路を利用するときは、歩行者や信号機の信号に注意しなくてもよく、比較的疲労が少ないため、4時間に1回程度の休憩をとるようにする。
2 長距離運転をするときは、あまり細かい計画を立てると計画にとらわれがちになるので、計画を立てないでその場に応じた運転をしたほうがよい。
車を運転中、経路が分からなくなったときは、走行しながら早めに地図を見て、目的地への経路を調べる。
4 案内標識を見ながら運転すると、安全な運転ができなくなるので、なるべく見ないで運転したほうがよい。
5 走行経路を設計する場合、複雑で短い経路を選ぶよりも、なるべく右左折が少なく単純で覚えやすい経路を選ぶようにする。
6 長距離運転するときは、事前に走行経路や距離、所要時間などを道路地図などで調べておき、余裕をもって運転できるように準備しておく必要がある。
7 走行中、経路が分からなくなり不安が生じたら、早めに安全な場所に停止して、地図を見たり人に尋ねるようにする。
8 長距離運転するときに、あらかじめ地図などで距離や経路を調べても渋滞などで予定が変わることが多いので、事前に予定を立てずに発車したほうがよい。
9 走行経路を設計する場合は、右左折が多く複雑な道路でも、最短距離になるような経路を選ぶのがよい。
10
長時間運転するときは、あらかじめ運転計画を立てないと、道に迷ったりして、かえって余分な時間を費やすことになる。

解答・解説はこちら