本文へスキップ

運転免許.infoは、運転免許取得に関するお役立ちサイトです。



狭路の通行


狭い道路において車両感覚をつかみ、適切な進路と速度を選んで
通行できるようになりましょう。

習う内容
➊狭路の形状のとらえ方
➋視点の配り方、視野のとり方
➌車両感覚のとらえ方と走行位置のとり方
➍速度の調節の仕方
➎進路のとり方と修正の仕方
➏切り返しの仕方
➐速度の調節の仕方
➑進路のとり方と修正の仕方
➒方向の変え方

●Sコースを走行する場合のコツは、まず自分の車のタイヤ、特に前輪がどこを通っているかを感じることです。
コースの道幅は3.5m、車の幅は約1.7m、ということは道幅は車の幅の2倍以上あります。
そこで、進入してから左カーブが終わるまでの間は、左前輪がコースの中央を通る感覚で走りましょう。
左カーブから右カーブに変わる部分はハンドルを真っ直ぐにし、右カーブか始まる部分から右前輪をコース中央を通る感覚で走ります。
あとは、速度の調節です。できるだけ遅い速度で走ります。そのためには、MT車はクラッチ操作、AT車はブレーキ操作が重要になってきます。

●クランクコースは車体の大きさの感覚をつかむ練習です。
ハンドルをめいっぱい切った時、車体かどこまでふくらむのかをイメージします。
まず右コーナーです。ハンドルを右にめいっぱい切った時に、車体の左前部がポールの少し手前を通るラインをイメージしながらハンドルを切ります。あまり手前過ぎると、右後輪がコースの角から逸脱(乗り上げ)してしまいます。ポールの少し手前(だいたい30~40cmくらい手前)を通ることがコツです。
左コーナーを曲がる場合も同じです。車の右前部がポールの少し手前です。


参考:半クラッチ攻略法