本文へスキップ

運転免許.infoは、運転免許取得に関するお役立ちサイトです。



カーブや曲がり角の通行



左折する場合、左の前輪のついている場所を把握し、左前輪が曲がり角の頂点から1メートル程度離れた位置を、縁石に沿わせるように走行します。
この場合、左前輪が曲がり角の頂点にくるまではハンドルを切り続け、曲がり角後半はハンドルをそのまま固定(保持)します。
車がまっすぐに向き始めてきたら、ハンドルを徐々に戻し始めます。